本文へスキップ

相続税・贈与税・会社設立・建設業許可のご相談は藤原総合会計事務所へ

所長の紹介CONCEPT

氏名
藤原義明 (フジハラヨシアキ)
生年月日
昭和24年7月22日
学歴
昭和47年3月 立命館大学経済学部卒業
資格
税理士、行政書士 、宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー

(平成21年1月撮影)

趣味
座右の銘 役職
信条

青   春

歳月は皮膚にしわを刻むだけだが、情熱を失う時、精神がしぼんで行く。
思い煩いや疑惑、不安や自信の喪失、恐れや失望こそが、心意気をなえさせ、晩年のごとく人を老いさせ、精気ある魂をも朽ちさせてしまう。
年は七十であろうと、十六であろうと、その胸中にいだき続けるものは何か。
驚異への愛慕心、空にひらめく星座、その輝きにも似たる神秘なるものや思想に対する崇拝、万事に処する剛毅な挑戦、小児のごとく求めてやまぬ探求心、人生への歓喜と興味。

大地より、人より、神より、自然の美と喜悦、勇気と壮大な偉力の霊感を授かる限り、人の若さは失われない。
これらの勇気や霊感が絶え、やがて人の心の奥までも、孤独の悲嘆が白雪のごとくおおいつくし、皮肉にも厚き氷原となって、これを固くとざすれば、この時こそ人はことごとく老いて、ただ神の憐みを乞うしかない。

人は信念と共に若く
疑惑と共に老ゆる。
人は自信と共に若く
恐怖と共に老ゆる。
希望ある限り常に若く
失望と共に老ゆる。


青春とは、人生のある時期を言うのではない。心の様相をいうのだ。
心の様相とは、揺るがない意志、豊かな創造力、炎ゆる情熱、果敢な勇気、飽くなき冒険心、このような心の様相を青春というのだ。
年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に、初めて老いがくる。

(サミュエル・ウルマン作 藤原義明編成)